【BtoB企業向け】チャネルトークのリード獲得機能

この度、チャネルトークではチャットボット内で顧客情報取得やアンケートを実施できるフォームを追加したり、このフォーム入力を促すポップアップやメール、SMS配信ができる「リード獲得機能」をリリースしました。
これにより、チャネルトークのメインの価値提供領域であった「既存顧客をターゲットにする、カスタマーサポート・サクセス・CRM」を超え、「新規リード獲得・育成」領域への機能拡大を開始し、インサイドセールス〜カスタマーサクセスまで一気通貫で貢献できるツールへと躍進します。

概要資料のダウンロードはこちら

機能概要

【1:リード対象にポップアップで話しかけ】
初回訪問・再訪問・滞在時間など顧客行動に適した表示ができるため、温度感の高いリード獲得を逃さない
サイトに訪れた瞬間、全員に表示されるポップアップに大きな効果があると思いますか?チャネルトークのリード獲得機能は適切なタイミングで配信ができるようにカスタマイズすることができます。最も顧客の熱が高いタイミングで配信を行うことで、取りこぼすことなくリード獲得が期待できます。
【2:詳細なリード取得】
質問内容は企業毎にカスタマイズができるため、インサイドセールスが必要とする情報を的確に取得可能
リード獲得機能の入力フォームは記述形式・選択形式どちらにも対応しており、カスタマイズ性が高いです。そのため、リード獲得以外にも顧客アンケート・NPSとしての活用も想定されます。
【3:リードナーチャリング】
入力情報に基づいてセグメントしたメール・SMS配信ができるため、ニーズに応じたコンテンツ配信・メルマガ運営を行うなど、リードナーチャリングが可能
取得したリード情報はチャネルトーク内に蓄積されます。メールアドレスや企業名はもちろん、顧客が入力した情報が確認できるようになるため、どのようなニーズを抱えている顧客が多いのかが整理できます。
取得した連絡先に対してはメールで一斉配信、条件を分けてセグメント配信を行うことも可能です。より関連性の高い情報・コンテンツを顧客に対して発信することが可能になります。自社で保有し、自由に活用できるCRMシステムになります。
現在、リード獲得導線が定まっていない企業、リード獲得後の管理がエクセルやスプレッドシートを利用している企業や、リード獲得からCRMまで一つのシステムに代替したいと考えている企業にご活用いただけます。
リード獲得機能の詳細をもっと知りたい方はこちらから確認できます!